スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ワンランクアップ]2011年7月28日 デジカメ講座レポート

2011年7月28日 於:千里中央教室

みなさま、
お暑い中、お越し下さりありがとうございました。
今回も無事に開催出来ましたことに感謝☆


講座内容:
1)新メンバー龍平さんを迎えて自己紹介
2)花火撮影の基本(おさらい)
3)万博早朝観蓮会の作品講評会
4)次回撮影実習の告知集合時間と場所


●本日の欠席者
 武さん(下呂温泉へご旅行とのこと)




1)新メンバー龍平さんを迎えて自己紹介
全員の自己紹介とともに、みなさんの使用機種を大公開いたしました。

●新メンバー 柑本龍平(こうじもとりょうへい)さん
使用機種
ミノルタα707si、Canon EOS KISS X2、IXY30s、9i0is 

雅道さん  PENTAX-kx
敏夫さん  PENTAX-k5
宗二さん  Nikon D90
歳子さん  Nikon D70
伸夫さん  Nikon D5000
まち子さん Canon 60D
直子さん  Nikon D300、Nikon D700、Canon 5D
(並びは紹介順です。あしからず)


2)花火撮影の基本
昨年に引き続き、今年も花火の撮影実習を行います。
去年の花火撮影実習作品を講評しながら
8月6日の花火大会に向けて、花火撮影のための基本を
おさらいしました。

①花火撮影のために準備するもの
□カメラ
□三脚(しっかりしたもの)
□黒い板(レンズに入る光を遮るためのもの)
□レリーズ
□ペンライト
□帽子(熱中症対策)
□ドリンク(熱中症対策)、食料
□あれば携帯用の椅子

②花火撮影の撮影設定
・感度/ISO50~200(設定可能な最低感度)
・WB/太陽光
・ピント/マニュアルフォーカスで無限遠に固定
・撮影モード/マニュアル(Mマーク)
・シャッター速度/2~6秒、または、bulb
・絞り/F8~F22

③構図
最初の数発でどの位置に花火が上がるかを確認して構図決める

④シャッターを押すタイミング
花火の上がり始め、または、爆発するちょっと手前で

⑤シャッターを切り終えるタイミング

花火の火が消えた後で、または
イメージとおりに花火を配置出来た時!


3)作品講評会
7月10日の撮影実習「万博早朝観蓮会」で撮影された
みなさんの作品を拝見しながら講評させていただきました。

☆力作ぞろいで嬉しかったです。
 すべてをきっちり分かち合えなかったことは、申し訳ありませんでした。
 picturetownのお写真データも読み取ってご参考になさって下さいね。


4)次回撮影実習の告知
宝塚観光花火大会
日程:8月6日(打ち上げ開始は19時45分~)
集合時間:17時30分
集合撮影場所:花のみち沿いの無料観覧場所(入口から入って左手の隅です)

☆花火撮影のイメージが固まりましたでしょうか。
 花火を楽しみながら作品づくりが出来たら最高ですね。
 今からとても楽しみです。
 お元気でお越し下さいね。

宝塚花火大会MAP
※図はクリックすると大きくなります


スポンサーサイト
プロフィール

水野 真澄

Author:水野 真澄
■フリーランスフォトグラファー
■フォトレッスン講師

「想い」の伝わる写真を目指しています

人物・お料理・舞台などライブなものが得意
レトロ建築モダニズム建築が大好き。


北摂出身
カメラマン歴32年
ぽれぽれphotoレッスン主宰
「コープこうべ」photoレッスン講師


●作品

「ヒカリノカケラ~春日丘高校旧本館の記憶」


【購入・お問い合わせ】
メールフォームからご連絡くださいませ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
お問い合わせはコチラからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。