スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北欧幻想

DSC_9742.jpg


『下流志向』の著者として有名な内田樹教授の取材で、神戸女学院へ。
ヴォーリス建築に積もった雪は岡田山を北欧と錯覚させてくれました。

 DSC_9740.jpg



下流志向〈学ばない子どもたち 働かない若者たち〉 (講談社文庫)下流志向〈学ばない子どもたち 働かない若者たち〉 (講談社文庫)
(2009/07/15)
内田 樹

商品詳細を見る


街場のメディア論 (光文社新書)街場のメディア論 (光文社新書)
(2010/08/17)
内田 樹

商品詳細を見る

Comment

アレレ!

幻想的な2枚を拝見いたしました。
本当に北欧の建物かと見間違えまする。
 「アレレ!」は コメントが差し替えられことにより
写真から受ける印象が随分違うと感じるところです。
 「哀しい・・・」は心情がよく現れていてすばらしいと思う。
 あなたの一面がちらっと見えたように感じた。

楽しいイメージ、哀しいイメージ、撮影者の心境まで写し込める写真が撮れるよう
ガンバリま~す。これからも楽しく参加します。 まさみち

フォトエッセイ

masamichiさま

写真+心情=フォトエッセイ
ですね!

新天地を教えて頂きました、ありがとうございます!
コメントを差し替えたのは、本音をぽろっと
漏らしてしまったのが恥ずかしかったからです。
自分を表現することを恥ずかしがるとは、根本からの大間違いでした。

最初の心情コメントを記しておきます。
「2月の雪の日、
 哀しい思い出が甦ります。」

足跡がいいですね!

上の写真も静寂感があってとても素敵ですが、
下の方がより好みです。
足跡が人の気配を感じさせてくれて、雪景色なのに
どこか温かい。
星型の格子の効果もあるのでしょうか。
ちょっとした違いで印象が変わるものなのですね。

人の気配も写し込みたいですね。

なおこさま

足跡と星形の窓枠はどちらも「人の気配」を感じられるものだったのですね。
風景になにをプラスするかを意識して行きたいと思いました。
ありがとうございます!
非公開コメント

プロフィール

水野 真澄

Author:水野 真澄
■フリーランスフォトグラファー
■フォトレッスン講師

「想い」の伝わる写真を目指しています

人物・お料理・舞台などライブなものが得意
レトロ建築モダニズム建築が大好き。


北摂出身
カメラマン歴32年
ぽれぽれphotoレッスン主宰
「コープこうべ」photoレッスン講師


●作品

「ヒカリノカケラ~春日丘高校旧本館の記憶」


【購入・お問い合わせ】
メールフォームからご連絡くださいませ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
お問い合わせはコチラからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。